スカイマイルの有効期限

スカイマイルの有効期限

スカイマイルの有効期限は、2年間(24ヶ月間)です。これはマイル数の増減があった日から2年間という意味です。正確には、最後にマイル数の増減があった日の24ヶ月後の米国東部時間深夜0時まで有効です。

「マイル数の増減があった日から2年間」有効ですから、デルタ航空スカイマイル提携のクレジットカードの利用でマイルを獲得したり、スカイチームのフライトでマイルを獲得したり、マイルを購入したり(Buy Miles)、特典航空券への交換でマイルが減少したりするたびに2年間有効期限が延長されます。公共料金をスカイマイル提携クレジットカードで払っていれば、毎月自動で有効期限が延長されていくので有効期限を心配する必要がなくなります!

ANA(全日空)、JAL(日本航空)の日系航空会社の場合、マイル有効期限は3年(36ヶ月間)となっていますが、こちらはマイルの増減があっても有効期限が延長されません。例えば、2009年10月にフライトやクレジットカード利用で獲得したマイルはどんなことがあっても2012年10月には失効してしまうわけです。

その点、デルタ航空のスカイマイルは使い勝手がよいと言えますね。