プライオリティパスで空港ラウンジ自由自在

プライオリティパスで空港ラウンジを使いこなす

国内・海外の空港ラウンジを自由自在に使えるプライオリティ・パス(PriorityPass)について紹介します。

デルタ航空スカイマイル提携のクレジットカードは、日々のショッピングでスカイマイルを貯めるのには最高のクレジットカードです。ただし、弱点もあります。それは、クレジットカードで利用できる空港ラウンジ数が少ないことです。

もちろん、一般カードでは空港ラウンジは利用できません。ゴールドカード(デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード、デルタスカイマイルJCBゴールドカード)、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードであっても、利用できる空港ラウンジ数が少ないことが問題です。

対象クレジットカード 利用可能な空港
デルタ スカイマイルJCB一般カード
デルタ スカイマイルJCBテイクオフカード
利用不可
デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード 国内27空港、海外2空港(ホノルル国際空港、インチョン国際空港)
デルタスカイマイルJCBゴールドカード 国内26空港、海外1空港(ホノルル国際空港)
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 国内27空港、海外約300空港
プライオリティ・パス会員 世界300都市以上にある600ヵ所以上の空港(しかも、ビジネスクラスラウンジが多数)

デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードで利用可能な空港ラウンジは、国内の27空港・海外2空港のみです。デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードなら、国内27空港に加えて、海外の約300空港も利用できますが、プライオリティ・パスで利用可能な空港数に比べると劣後します。

アメリカ合衆国内で利用可能な空港で比較してみましょう。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードで利用できるアメリカ合衆国内の空港は、ロサンゼルス、マイアミ、オーランド、ダラス、マッカラン、ジョン・F・ケネディ、オハラ、ローガン、ダレス、ミネタの合計10の国際空港です。

一方、プライオリティ・パス会員なら、上記の10空港に加えて、アンカレッジ、アトランタ、オースティン、ボルチモア、デンバー、ラスベガス、ヒューストン、ピッツバーグ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ワシントンDCなど、中規模都市を含む多数の都市で空港ラウンジを利用可能です。しかも、プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジには、各航空会社のビジネスクラスラウンジが多数含まれています。

デルタ航空便、および、スカイチーム加盟便で海外旅行をお考えの方で、空港での待ち時間を快適に過ごしたい方は、プライオリティ・パスの会員になられることをおすすめいたします。

プライオリティ・パスの会員費は、高いのですが、以下でより安い価格で会員権利を手に入れる方法を紹介します。

プライオリティパス会員になるための正規料金

独立系VIP空港ラウンジ・プログラムであるプライオリティ・パス。プライオリティ・パス会員になるための正規会員費用は以下の通りです。

会員種別 年会費 会員利用料金
スタンダード会員 99アメリカドル 27アメリカドル
スタンダードプラス会員 249アメリカドル 10回まで無料、以後は27アメリカドル
プレステージ会員 399アメリカドル 完全無料

会員ごとに年会費が必要です。それ加えて、スタンダード会員の場合、利用1回ごとに27米ドル課金されます。なお、支払いは指定クレジットカードから支払われます。スタンダードプラス会員は、10回の利用まで無料で、11回目以降は利用1回ごとに27米ドルかかります。プレステージ会員は年に何回利用しても無料となります。

プライオリティパス会員権利が付いたクレジットカード

プライオリティ・パスの会員費用は高いと思われたでしょうか?しかし、日本のクレジットカードの中には、年会費が399ドル以下でありながら、特典としてこの「プライオリティ・パスのプレステージ会員権利」が無料で付いてくるものがあります。

以下で紹介しているのは、「年会費が399ドルとほぼ同じかそれ未満」「プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で入会可能」「インビテーションなしに審査申込が可能」という三つの条件を満たす稀少なクレジットカードです。

クレジットカード名 発行会社 年会費
楽天プレミアムカード 楽天KC 10,500円
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード クレディ・セゾン 21,000円(年会費が半額になる優遇制度あり)
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 三菱UFJニコス 21,000円
SBIプラチナカード SBIカード 31,500円
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 三菱UFJニコス 32,550円
シティ セレクト VISA プラチナカード シティカードジャパン 36,750円

これらのクレジットカードを手に入れれば、プラチナカードのサービスと、プライオリティ・パスのプレステージ会員のメリットを両方受けることができます。

プライオリティ・パスの取得を考えている方は、頼れるコンシェルジュサービスとトラベルデスクサービスが付き、最高レベルの旅行傷害保険も付帯するこれらのプラチナレベルのクレジットカードを作るのがおすすめです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは本会員・家族会員ともにプライオリティ・パスが発行可能です。それ以外のカードは本会員のみ発行可能となります。